キャバクラの体験入店で落とされる人と採用されやすい人の特徴

キャバクラの面接で受かったからと言って浮かれていてはいけませんよ。
体験入店をすることは出来ますが、体入をしてからが大切なのです。

面接で受かったから採用というわけではなく、体入の際にスタッフがあなたの仕事ぶりをしっかり見ていますから、そこで合格を貰わないと入店出来るわけではないのです。
本気でそのお店で働きたいと思うのであれば、例え体験だとしても一生懸命お仕事をしなくてはなりません。

ではまず、体入をして不採用にされる人というのはどんなタイプなのでしょうか?
ルックスが悪いから不採用ということは絶対にありません。
もしルックスが原因で不採用になるのであれば、面接時に落とされているはずです。
ごく稀にですが、私服を着ている時は痩せて見えたのにドレスを着せてみたらぽっちゃりだったという人が体入の時点で落とされてしまうケースもあるようです。

基本的に体入をして不採用になってしまう人というのは話が上手く出来なかったり、表情が暗い人です。
最初から会話が上手な人ばかりではありませんが、お客様との会話をテンポ良く出来なかったりすると合格を貰うのは難しいでしょう。
そして表情が暗いというのは会話が出来ない以上に駄目な例です。

体入をして合格になる女性は、笑顔もあってお客様との会話がテンポ良く出来る方です。
また、体験の時点でも場内指名を貰える場合もあるので、指名を貰えればそれだけ店の売り上げに貢献することになりますので採用は確実になるでしょう。